車イスのレンタルについて

数年前、父が介護状態であった時のことです。

病院内の移動や、デイサービス職員によっては備え付けの車いすを使っていましたが、ある時に親族の法事があり、父の兄弟が集まることもあってか珍しく出席すると言い出しました。
介護付き有料老人ホームなども入所も考えていもいました。
しかし、ケアマネージャーに相談してレンタルの介護用品の貸出で車いすを数日間レンタルすることになりました。

介護保険の場合1割負担で、自己負担は数百円ほどであったと思いますが、その為だけにレンタル業者との契約やらと何かと面倒な手続きが必要でもありました。

その後、外を散歩する気はないかなどと聞きましたが、本人にはその気がなくすぐに返却してしまいました。

しかし、介護も3年になろうかとする頃から更に足腰は弱り、週一回通っていたデイサービスの送迎には車いすは不可欠となり、その後は体を保持することも難しくなり、寝たきりに近い状態になってきました。

こうなると、家から病院へ連れてゆくのにも一苦労となることもあって、ケアマネージャーに車いすの相談をしようとしていた矢先に亡くなりました。

病院とデイサービスだけの行き来のみで外に出たがらなかった為、車いすのレンタルはしませんでしたが、気分転換に外に釣れ出す為にも、車イスをレンタルしておくのも一考であると思えます。

人生で最後のダイエット始めました。

来月52歳になります。
この年齢になるとおママで女性ホルモンが守ってくれたところにそれが減ってしまうので急にいろんな症状が出始めます。
若いころは低血圧で高血圧に悩む祖母や母の体調の事がよくわかりませんでしたが、いざ自分が更年期になっていかに女性ホルモンが守ってくれていたかを実感させられるようになります。
ごく最近の健康診断で、保健師さんに「よりも5キロ、欲を言えば10キロ減らすとおそらく高血圧やら高脂血症やら糖尿やらの数値が落ちてくるはずですよ。そうすれば医療費がかからなくなるので、ダイエット頑張ってみてね」と言われました。そうなのです。自分でもそうおもうのです。
なので、今王道ダイエットに取り組んでいます。
食事はすべて書き出して、どのくらいの量を食べているかをまず把握すること、そして運動すること、
今まで、色々な置き換え食品やサプリ等をためしましたが、原点に戻ってみようと思ったのです。
さて初めてまだ3日、どれぐらいつづくかな?でも私の人生で最後のダイエットにしたいと思うのです。
痩せなきゃ.biz

お給料のお話

先日、給料日を迎えウキウキしながら給与明細を見てみるとそこには驚きの数字が印刷されていました。学生アルバイトが夏休みに稼ぐ額とほとんど変わらないような給与だったんです。1月にインフルエンザで10日近く会社を休みました。あれはてっきり有給休暇で消化できると思っていたのですが、会社のルールで有給休暇ではなく病気休暇という扱いとなり、給与は1日の30%となるのです。10日近くも病気休暇扱いだったのでそりゃこれぐらいの定額になるかとわりとすんなり納得しました。

とはいえ、来月からの生活はかなり苦しくなります。給与の半分が家賃に消えていき、水道光熱費や携帯電話などの生活費をしょっぴくと手元に残るお金は数万円程度になってしまうのです。毎月食費が3万ぐらいかかってしまうのですが、ここは一つダイエットのチャンスといいようにとらえてここ数ヶ月で太ってしまった体を絞ってみようかと思います。

食費の4分の1ぐらいはかかっているであろうビールを飲む回数を減らすだけでもだいぶ変わってきそうです。

娘の最近のお気に入りの遊び

最近の娘のお気に入りの遊びはおままごとです。
いろいろなものをおままごと代わりにして遊んでいます。
子供にはいろいろなものがおもちゃになるので見ていて楽しいです。
児童館に遊びに行ったときはおままごとが沢山あります。
野菜を切ったり、ケーキを見て「ハッピーバースデーテューユー」なんて歌ったり。

お弁当箱には野菜やおにぎりを入れて電子レンジで温めたりします。
お弁当を電子レンジで温めるのは教えていないのですが、どこで覚えてきたんだろうなんて思ってしまいました。

でも、おままごとで遊ぶことが大好きになってくれたので、そろそろ一緒に料理を作りたいななんて思うときもありますがまだ、実現していません。
台所に立って私の料理を作っているところを見たりはしています。
料理を作っているところにも興味を持っているみたいなので、近い将来お手伝いをしてくれることを期待してもいいのかななんて思ってしまいます。

スプーンやフォークをつかって食べる真似をしたり、いただきます、ご馳走様を言ったりするところはえらいと思いました。
そのうち、お家ごっことかもするようになるんだろうな。